老犬の痴呆(認知症)は老化現象や脳梗塞・脳出血・栄養障害などによって脳神経細胞や自律神経の働きが乱れることを指します。犬種にもよりますが、一般的には11歳ごろか発症するとされています。犬も人間と同じように寿命が延びているのでそれと同時に痴呆が発生しています。痴呆が発生するとどのような症状が出てくるのでしょうか。
c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

環境の変化、飼育状況の変化でこのようなことが発生してしまいます。周囲の騒音などがきっかけで始まることもあります。痴呆を完全に治す薬というのは残念ながら存在しません。夜鳴きをやめさせるために一時的に鎮痛剤、麻酔薬が使われます。しかしこれは使い方によってはますます痴呆を進める結果になってしまいます。DHA、EPAのはいったサプリメントを利用することで症状が改善することがあるようです。

このような人間の痴呆と同じような症状が出てきます。

  • 意味もなく単調に鳴き続ける
  • 昼夜逆転する
  • 前にとぼとぼと歩く
  • 狭い所にもぐりこんだかと思ったら出れなくなる
  • 右旋回、左旋回のみを繰り返す
  • 名前を呼ばれても無反応
  • 飼い主が目の前にきても喜びがない
  • 食欲旺盛でよく食べるのに痩せていく
  • 直角のコーナーで方向変換できない
  • 学習したことを忘れている
  • おもらしの回数が増えてきた

認知症予防と対策

老犬になったら、まずは予防をしていきましょう。根本的な治療方法がないものの進行を遅らせることはできます。

日光浴をさせる

日光を浴びることで体内時計をリセットします。その結果、脳によい刺激のリズムを与えることはできます。

昼寝をさせない

昼夜逆転現象が発生するため、なるべく昼間は老犬を動かす努力が必要です。こまめに声をかけるおもちゃで遊ぶといった工夫をしてみましょう。

運動をさせる

筋肉の衰えや寝たきりを防ぐために運動は欠かせません。散歩に出かけていろんな犬や人間と触れ合うことで刺激になって元気になります。

部屋の環境を整える

床を滑らないような素材に変える、クッション材を部屋のあちこちに使用して部屋の角などを保護してけがや転倒に備えましょう。老犬は自律神経機能も低下しているため、部屋の温度設定もこまめに変えたいものです。夏だけでなく、冬も26~27℃、人が少し暑いと思う程度に設定しましょう。

声掛けをする

飼い主さんとのスキンシップやふれあいはとても大事です。飼い主さんに構ってもらえることで心の安定へとつながります。老犬に安心感を与えることでいい関係を築けるようになります。

腰の周辺を温める

腰回りを温めて失った精気を補い、巡りをよくしてあげることで予防改善につながります。棒灸を使うか、ホットタオルかこんにゃくを使ったホットパックもいいでしょう。老犬に服や腹巻を巻き、その上からホッカイロを貼るのもいいと思います。

痴呆になりやすい犬

日本の犬は外国の犬に比べると痴呆になりやすいといわれています。柴犬や柴犬のミックス、秋田犬、甲斐犬、四国犬、北海道犬、紀州犬が痴呆になりやすいことで知られています。室内犬で人気のあるチワワ、ミニチュアダックス、プードルなどは外国の犬なので痴呆にかかりにくいようです。

具体的な症状としては

  • 夜中の徘徊
  • 昼間はずっと寝ていて夜起きる
  • 夜鳴き(うぅ~、くぉ~んの繰り返し)
  • 感情の起伏が激しく、噛みつく
  • 飼い主のいうことを聞かない
  • 飼い主の指示を勘違いする
  • トイレの失敗の多発
  • 同じ動作の反復

などがあげられます。

日本の犬が痴呆になりやすくなったのは急激な食生活の変化です。昔は犬の食事は残飯が多く、米や魚中心でした。それが1960年代から牛肉中心のドッグフードへと変化していきました。DHA、EPAという痴呆予防になるたんぱく質を自然と摂取していた食生活から突然牛肉に代わってしまえば、それなりに異常が出るのはある意味当たり前かもしれません。人間同様、食生活が与える影響というものはそれだけ多いということでしょう。

老犬用ペットフード比較

ユーカヌバ(アメリカ)

老犬用は通常の成犬用よりもたんぱく質の配合が多め、脂質は少なめになっています。カロリーを抑えてグルコサミン、コンドロイチン、L-カルニチンが含まれており、基礎代謝低下による肥満予防をしていきます。

ロイヤルカナン(フランス)

老犬用は犬のサイズや年齢などにより細かく細分化しています。特に消化能力の低下に合わせて食物繊維を増やすなどの配慮がされています。ただし、カロリーが若干高めなので量を調整する必要があります。

アイムス(アメリカ・オランダ)

免疫力アップのための抗酸化作用の強いビタミンEと、グルコサミンとコンドロイチン、L-カルニチンという成分がはいっていて脂肪の燃焼をサポートします。アイムスは価格が手ごろでスーパーで手にしやすいため人気のブランドです。

サイエンスダイエット(アメリカ)

ビタミンEの配合を強化しています。そのほかに老犬の腎臓、骨、筋肉、関節、皮膚被毛などの健康を維持するために栄養成分をバランスよく配合しています。