誰でも大好きな愛犬には長生きしてもらいたいと思うもの。老犬に少しでも長生きしてほしいと思うならどのようなケアをしたらいいでしょうか。亡くなる前兆とは老犬になると足腰が弱ることもあって散歩もできなくなってきます。動かなくなると筋肉が落ちるだけでなく関節も固まってくるので立てなくなります。寝たきりになってしまうと食事もあまりできなくなるのでそのまま弱って死んでしまうのです。
dog-1007830_640

老後のケア

たとえ筋肉が弱って立てなくなってしまったとしても、家に置いておくのではなくなるべく外気に触れさせてあげることが大事です。老犬になるととにかくさみしくなって、飼い主にべったりとくっつきたがる傾向があります。飼い主がそばにいるというだけで安心感が出てきて先進的安定が出てきます。

食事にしても自力で食べることができなくなってもスポイトなどで与えてあげることで、寿命を長くしてあげることが可能です。たとえ人間の介助が必要だったとしても、食べさせてあげれば頑張って生きようとする力が沸いてきます。特に目立った病気をかかえていなければ、死の前兆を感じることはほとんどありません。

犬の最後のときによく見かける行動

老犬になると今まで違った行動パターンを見せることもあります。自由気ままだったのが急にいうことをきいたり、逆に冷たかった老犬がべったりくっついてきたり、食欲が急に落ちてしまったり。このような突然の変化で飼い主は驚くとは思いますが、これがある意味老犬の最後を知らせるサインではないでしょうか。

亡くなってしまってからあれは最後の挨拶代わりの行動だったのでは、とふと思うこともあります。いろんな思い出が頭をよぎってきて、楽しい思い出を思いだすたびにどうしてあの時もっといろんなことができなかったのかなとか考えたりするかもしれません。こうして辛い現実と向き合うのは苦しいかもしれません。なかなかこれをいい思い出に変化させていくには時間のかかる作業ではありますが乗り越えていくしかありません。後で後悔
するよりは今自分ができることはなにかを考えていくべきでしょう。

そして犬が亡くなる直前にする行為として排尿、排便行為があります。体内のものを出してしまうという本能から出てくる行為です。本当に亡くなる直前のシグナルなので知っておくといざという時の心がまえが出来ると思います。

老犬への愛情の注ぎ方

ペットショップでかわいい子犬に一目惚れして衝動買いしてしまったとしても、そのかわいい愛くるしい姿はいつまでも続くわけではありません。子犬のうちは必死に世話をしていても老犬になって介護が必要になると世話を放棄してしまう人が多いようです。捨て犬や殺処分が増えているのはそのためです。

また夫婦が自分たちの子供が独立してから子供の代わりに犬を飼うということもあります。

しかし人間の寿命もいつまでも続くわけではありませんし、飼い主も徐々に老化現象が出てくるので犬の世話がしんどくなってしまいます。老老介護という状態へといってしまうのでそうなった時に犬の最後をどうやって看取るかをある程度考えておく必要があります。

ここで老犬への最後の愛情を示す犬の十戒を示していきましょう。

犬の十戒その1

わたしの生涯はおよそ10年から15年です。あなたを別れるのは何よりも辛いこと。私と暮らす際はどうか別れのことを念頭に置いておいてください。

犬の十戒その2

あなたが私に求めていることを理解するまでは時間がかかります。

犬の十戒その3

どうか私を信じてください。信頼されることが幸せなのです。

犬の十戒その4

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めないでください。あなたには他に友達がいたりするかもしれません。でも私にとってはあなたがすべてなのです。

犬の十戒その5

わたしに話しかけてください。言葉はわかりませんが、あなたの気持ちは理解できるのです。

犬の十戒その6

あなたがどんなふうに私に接したのか、私はそれをすべて覚えていることを忘れないで下さい。

犬の十戒その7

わたしをたたく前に思いだして。私は鋭い歯であなたの手を噛み砕くことだってできます。なぜそうしないのかを。

犬の十戒その8

私が言うことを聞かないといって怒る前になにか原因があるのではないかと考えてみてください。よくない食事、長時間太陽にさらされる環境、あるいはもう体が弱ってきていてのかもと。

犬の十戒その9

私が年をとったら世話をしてください。年をとればあなたもそうなるように。

犬の十戒その10

もう見てはいられない、わたしはここにはいたくないといわずに私が旅立つその時までどうか一緒にいてください。あなたに寄り添っていると私はうんと安らかにいられるのです。あなたを愛しているのですから。

これらの十戒を見るといかに犬が自分の凶暴さを抑えて、飼い主に従順であるか、飼い主に甘えたいのか、どれだけ愛しているのかがとても良く伝わってきます。最後のときまで静かに見守ってあげたいものですね。