食が細くなっている老犬だからこそ、しっかりと栄養をとらないとますます弱っていきます。低カロリー、低脂肪なものばかり食べていては寝たきりになってしまいますので注意しましょう。
ca2e5b80a271938cdacff47bb217c055_s

ホリスティックレセピー

7歳からのアレルギー対策スーパープレミアムフード。保存料、着色料、香料は一切使っていません。ミックストコフェノール、クエン酸、ローズマリーエキスを保存料として使っています。老犬の体に安心して使えるフードです。

アレルゲンに配慮 ラム&ライス

食物アレルギーに配慮してラム肉を主原料にしています。牛肉、小麦、乳製品、卵などは入っていません。

おなかの健康

構造酵母と消化吸収速度の違う炭水化物を使用することによって腸内でゆるやかに吸収されて胃腸の健康を保ちます。

キレート化ミネラル

単体では吸収しにくいミネラルをアミノ酸で包み込んで吸収サポートします。

ピュリナ プロプラン 今の健康を維持 7歳以上 シニア犬用ほぐし粒ミニチキン

天然プロバイオティクスである小麦アリューロンが腸内の善玉菌に働きかけてお腹の健康維持と便の匂い消臭してくれます。抗酸化物質であるビタミン類と良質なたんぱく質を配合して免疫力の維持を応援。

ペットライン メディコート・アレルゲンカット 7歳から高齢犬用小粒

美しい皮膚や被毛の維持をサポート。国産のプレミアムフードです。乳酸菌を増やすフラクトオリゴ糖を配合。

サイエンスダイエット シニアライト小粒 肥満傾向の高齢犬用 7キロ

ビタミンE&Cの力で科学的に証明された酸化抑制成分が老犬の健康維持、免疫力をサポートします。脂肪分約45%減、カロリー約15%減です。グルコサミン、コンドロイチン、たんぱく質、オメガ3&6脂肪酸を適切なバランスで配合。

ユーカヌバ ラム&ライス

健康な皮膚・毛づやの維持にオメガコートオメガ―6脂肪酸とオメガ―3脂肪酸を適正なバランスで健康的な皮膚と美しい毛づやを維持します。イミューノヘルスビタミンE、βカロテンのような抗酸化栄養素を配合したバランスの取れた栄養で愛犬の免疫力維持をサポートします。

動物性たんぱく質が主成分。筋肉に必要なたんぱく質を補給。ミネラル成分、マイクロ・クレンジング・クリスタルを配合した粒を噛むことで歯石歯垢ケアができます。消化の良いたんぱく質と消化しやすい米を使用しています。発酵性を持つ食物繊維(ビートパルプ)とロイヤルバイオティクス(フラクトオリゴ糖)の配合で犬のおなかの善玉菌を増やします。

ウェルネス小型犬高齢犬用(7歳以上)骨抜き七面鳥&えんどう ウェルペット社

2015年推奨ドッグフードにも選ばれており、信頼度が高いメーカーです。主原料は骨抜き七面鳥、チキンミール、粗挽き玄米です。血液、骨、内臓などを使用しない高品質な肉なのは評価が高いところ。乳酸菌も多く含み、食物繊維もしっかり入っています。しかし
残念ながら販売店が少ないのが悩みどころ。

アボ・ダームシニア(アメリカ)

アボカドを使った一風変わったドッグフードとして有名なアボ・ダーム。皮膚と被毛のトラブル、ふけ、かゆみ、涙やけ、体臭、便臭、肥満の予防改善、ノミ付着率低下に役立つ製品です。主原料がチキンミールで良質なたんぱく質をとれます。玄米とニシン粉、関節を意識した鳥軟骨が新たに加わり、野菜やハーブ類も増加しています。

オリジンシニア(カナダ、アメリカ)

骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、新鮮鶏肉レバー、新鮮丸ごとニシン、乾燥七面鳥肉、新鮮骨なし七面鳥肉、新鮮七面鳥レバー、新鮮全卵、新鮮骨なしウォールアイ、新鮮丸ごとサーモン、新鮮鶏ハツ、鶏軟骨、乾燥ニシン、乾燥サーモンと良質な肉がたくさん入っているのが特徴です。活動量や基礎代謝が減少する老犬に向けて高タンパク低脂肪となっています。

ロータスシニアチキンレシピ(カナダ)

炭酸カルシウムと塩化カリウム、緑イ貝、乾燥全卵を配合。たんぱく質と脂質が他のフードに比べると若干少なめになっています。活動量が減っている老犬用として考えたらいいかと思います。

ニュートロシュプレモシニア犬用(アメリカ)

チキン生肉、乾燥チキン、玄米と高タンパク質でアレルギーになりにくい原材料となっています。フィッシュオイルは溶けやすい油なのでより体に優しいといえます。あとは野菜やハーブ類、グルコサミン、コンドロイチンなどが配合されています。

犬は年齢と共にたんぱく質を代謝する機能が落ちていきます。たんぱく質は筋肉と全体的な健康維持には必要な栄養素です。免疫系、中枢系をサポートして皮膚の健康にも必要になります。またアレルギーが気になる犬であれば脂質のいい魚ベースのドッグフードがおすすめです。必須脂肪酸が体の中の炎症をしずめる作用があります。魚ベースのものはオールステージで年齢別に分かれてはいません。若い犬ほどのエネルギーを必要とはしていないので体重増減に注意して与えましょう。