老犬になると健康上のトラブルがどうしてもたくさん起こります。そんなときにはやはり食事やドッグフードだけでは不足する栄養素を補う必要があります。老犬の症状に合わせて効果的なサプリメントを選びましょう。
pomeranian-199996_640

皮膚トラブル用サプリメント

老犬になると若いころと違って代謝の低下や皮膚の中の血流が悪くなります。皮膚の乾燥したり、毛がパサパサしたり、皮膚のバリア機能が低下します。犬の体全体からふけが出てきたり、肉球が固くなってひび割れするのは角質異常があるといえます。

オメガ脂肪酸

オメガ3、オメガ6、オメガ9の3つに分かれます。オメガ3は皮膚のバリア機能を維持するためには必要です。しかし過剰摂取は炎症を悪化させてしまいます。逆にオメガ6は炎症をしずめる働きがあります。皮膚炎、関節炎、腸炎、血管にいたるまで広範囲の炎症を抑えてくれる作用があります。この二つのバランスをうまく取るのが大切です。

亜鉛

脂肪、たんぱく質、核酸の合成と代謝を調整をしています。コラーゲン合成、細胞膜の安定などの働きがあり、不足すると角化異常を起こします。亜鉛は不足しがちな栄養素なのでレバーなどを使用しましょう。またカルシウムが多くなると亜鉛が吸収されなくなりますので注意が必要です。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE

ビタミンAは表皮細胞の増殖と分化に関係。不足すると角質異常や脱毛が起こります。ビタミンCは抗酸化作用、コラーゲン合成、皮膚の再生を助ける働きがあります。ビタミンEは抗酸化作用、血行促進作用、肌のハリを保ち、毛ヅヤをよくする働きがあります。

ビタミンH

別名ビオチン、大豆やいわしなどに含まれる成分で皮膚の再生を助けます。皮膚のかゆみを抑える役目があります。

目のトラブル・白内障

体内の抗酸化物質が少なくなると、眼の水晶体(レンズの役割)中のたんぱく質が変性して水晶体が白濁してしまいます。これがいわゆる白内障という症状になります。

ルテイン

目の網膜に存在している成分で紫外線などを吸収する役割があります。加齢とともに減少しますが、体内で作ることができない物質なのでサプリメントで補いましょう。

アントシアニン

毛細血管を保護して血管の拡張、血液の循環を正常にする働き。ガラス体、角膜の形成に必要な成分です。

足腰の健康維持

老化と共に必ず訪れるのが足腰、関節の問題です。関節を構成しているコラーゲン、グルコサミン、コンドロイチンなどは犬の体内で合成できる成分です。しかし老犬になるにつれ、ヘルニアや関節炎などのトラブルが起こりやすくなります。

グルコサミン

体内の結合組織、軟骨を構成している成分です。グルコサミンによって軟骨の新陳代謝や形成促進が起こると関節の動きがなめらかになります。

コンドロイチン

グルコサミンが体内で代謝されたものでコラーゲンを常に新鮮に保つために必要です。細胞に水分を与えて軟骨の弾力性を高めます。

コラーゲン

骨や軟骨、腱や靭帯、皮膚に含まれる特殊なたんぱく質で細胞と細胞をつなぎとめる役割があります。新陳代謝を活発にして老廃物を取り除く働きがあります。

脳トラブルがある場合

認知症、痴呆、夜鳴きなどを脳トラブルといいます。認知症は脳の萎縮によって起こります。他の症状も脳細胞が正常に働かなくなってしまったり、神経伝達の異常によって起こるといわれています。

DHAドコサヘキサエン酸

オメガ3に分類されます。体内ではEPAから作られます。脳や網膜のリン脂質の主要な成分となっています。脳や網膜のリン脂質の主要成分となっています。情報伝達をスムーズにしたりして、血行改善、視力改善、アレルギー症状、精神安定作用などがあります。

EPAエイコペンタエン酸

DHAの前駆物質に当たります。EPAは速やかにDHAに変換され、血液脳関門を突破できないためといわれています。血小板凝集抑制作用、血液をサラサラにして、血栓予防をする働きがあります。

レシチン

細胞膜を形成している主成分になります。生理機能をになったり、神経伝達物質のアセチルコリンの材料になります。副交感神経の刺激を伝え、学習や記憶、睡眠に関わっています。脂質の代謝にも関わっていて、肝臓を保護する役割もあります。認知症、痴呆の予防にも効果があります。卵黄、大豆、レバー、うなぎなどがあります。

コエンザイムQ10

ビタミンに似ていますが、体内でも合成できるためビタミン様物質といわれています。生命維持活動に必要なエネルギーに関しては細胞の中にあるミトコンドリアで作られています。このエネルギーを作るのに必要なのがコエンザイムQ10です。また高い抗酸化作用を持っているのでアンチエイジング効果が期待できます。ビタミンEの抗酸化作用を高める作用を持っていて、老化予防に役に立ちます。

この他にもいろんなサプリメントがあります。動物病院や犬専門雑誌、ペットショップなどに紹介されています。薬ではないので効果が出てくるのに1か月程度かかります。