健康管理、健康状態をチェックをすると言うとオーバーに聞こえてしまうかもしれません。しかし何も獣医でないと絶対にわからないというわけではないのです。普段一緒にいて、
触れあっている飼い主であるからこそすぐに気づく体調の変化もあります。
labrador-805838_640
もちろん細かいことは実際に病院で検査しないとわかりませんが、おなかがぽっこりと出ていている、しこりがある、ブツブツがある、皮膚が乾燥しているなどといったちょっと
した変化にも気づくようになります。実際に病院に連れていくかどうかを判断するのも、飼い主の大事な役目です。

老犬になるとちょっとした環境の変化などで体調不良を起こしやすくなります。いきなり年をとってから親密な関係を築くのは難しいと思います。人間同様、犬も年をとればとるほど頑固になりいうことを聞いてくれなくなってしまいます。

スキンシップどころか触ろうとすると逃げてしまったり、吠えたり、場合によっては噛みついてくる犬もいるくらいです。そのくらい老犬は神経質になりやすい精神状態なのです。
犬種によっては心も体も非常にデリケートです。そのため犬がまだ若いうちから信頼関係を築いていくことがとても重要になります。

なにも特別すごいことをしなくてもいいのです。朝起きたときに犬に声をかけてあげましょう。おはよう、今朝は寒かったね、風邪をひいたりしていない?とこんな調子で構いません。もちろん人間ではないので言葉の意味はわからないでしょう。しかし自分を気遣ってくれているというのは十分伝わるのではないでしょうか。

ほったかしでえさだけ与えていては、犬は嫌がってそっぽを向いてしまいます。いわゆるうつのような状態になってしまうこともあるのです。とても犬は甘えん坊です。飼い主と一緒に遊びたい、いつも寄り添っていたい、そばにいて欲しいと常に願っています。

特に10歳を超えて体の不調が多くなると若い犬よりもメンタルケアも必要になってきます。飼い主の姿が見えないだけで不安になっていつまでもヒステリックに叫んでしまう犬も珍しくありません。目の前を知らない人が通っただけで激しく威嚇することだってあります。

老犬になると視力が落ちてくるので早朝や夜は特に相手が見えなくなります。人間のようにカラーでは見えていないので、犬は音や声、においなどで判断しています。そのため飼い主であっても間違えて吠えてしまうことも出てきます。そんなときは怒るのではなく、声をかけてあげましょう。犬の名前を呼んであげればいいのです。犬は聴覚はいいので聞こえるはずです。万が一聴覚が落ちて聞こえにくくなっていたとしても、犬のそばに近づいてゆっくり話しかけてみたらいいのです。毎日声掛けをしているのであれば、必ずわかるはずです。室内犬であれば、優しく抱きしめてあげてください。ゆっくりと背中をなでて声をかけてあげることで、叫んでいた犬も少しずつ落ち着いてきます。

犬も悪意があって叫ぶわけではありません。犬にとっては飼い主が最後の頼みの綱なのです。鎖につながれていたり、ケージの中に閉じ込められた状態で一日中放置されているわけですからまず自由がありません。犬だって自由に動きたい、外の空気を吸いたいと思っているので飼い主が帰ってくるまでずっと我慢しています。ただでさえ最初からいらいらしているわけです。そんなときに支えてあげることができるのはやはり毎日面倒を見ている飼い主なのです。

ちょっとした表情の変化、歩き方、えさの食べ方、水の飲み方などちょっとした変化でも細かく観察することで病気の早期発見につながります。早目に見つけてあげることですぐに処置ができます。こうした対処ができてこそ、犬との関係が良くなると思います。犬は飼い主を尊敬のまなざしで見るようになり、滅多なことでは吠えなくなります。噛みつく
こともなければ、優しく抱っこしてあげると安心して腕の中で眠ってしまいます。

それだけ老犬の癒しとなる存在になるには長い年月をかけてお世話をしないといけません。水とえさだけでなく、散歩や、入浴、ブラッシング、爪切り、耳かき、遊びといろんなことを犬と一緒にして楽しむのが大事です。犬は飼い主の顔をじっと観察しています。明らかに嫌々世話をしているとすぐにばれてしまいます。心と心が通じ合ってこその信頼関係です。

主従関係ははっきりさせないといけませんが、だからといって威圧的な態度もよくありません。犬が攻撃的にならないようにするためには、老犬になってからも根気よくお世話を
続けて犬にとって安心して身を任せることができる存在になりたいものです。

信頼関係を築くのには長い年月と、根気が必要です。しかし一回信頼関係ができてしまえばそう簡単には崩れません。飼い主の声が聞こえただけで、においがするだけでしっぽを振って喜びを最大限に表現します。全身で飼い主さん大好きと言っているのです。そんな関係が理想ですね。